「アクートが、、」「息の使い方が、、、」
「支え」「体の使い方は、、」
「アジリタが上手くできない」「ジラーレ」って、
「中音域が響かない」「パッサッジョが上手くいかない」
「息をどのように口に集めるの?」「響き」とは
「イタリア人歌手の音と日本人との違い」は?「母音を同じ音で歌うのが難しい」
若手オペラ歌手、学生がもつ多くの疑問、問題点、それらを解決するためにいろ
いろな先生を回り、本を読み、それでもなお解決しきれないというお話しを聞く
機会が多々あります。
それぞれ様々な課題がありますが、その先にある思いは
 
『自分の思う音楽を届けたい』   
『いい歌が歌いたい』  
『体、声を自由につかいたい』
 
確かに短期間のマスタークラスで全ての問題を解決するのは不可能です。
ですが、これらの疑問、問題点を明確にしたうえで、勉強すべき方向性と方法を
見つけることは可能です。
オペラ歌手としての輝かしいキャリアを持ち、イタリアの様々な音楽院、そして
ヨーロッパ各国、中国からマスタークラス講師として招待され、指導者として生
徒から、劇場から多大なる信頼を受けているエリザベス・ノルベルグ=シュルツ
女史とベル・カントと各年代、作曲者のつながり、台本作家と作曲家が意図した
登場人物像など、日本ではあまり行われないオペラ台本、言葉からのアナリーゼ
を行うカルロ・ボスキ教授のレッスンで構成され、表現するために必要な知
識に支えられた発声のテクニックが演奏家を真の表現者Vero Interpreteへと導
くという信念に基づいたこのマスタークラスが、新たな扉を開ける切っ掛けとな
ることを確信しております。



エリザベス・ノルベルグ=シュルツ Elizabeth Norberg-Schulz


ノルウェーオスロ生まれ。声楽家を志し、15歳で建築家の父クリスティアン・
ノルベルグ=シュルツとイタリア人の母と共にイタリア、ローマに移住。
サンタ・チェチリア音楽院声楽科を最高点で卒業後、長年にわたりイタリア・
ベルカントをロズィーナ・ヴェドラーニ=ラポルタと、室内楽とドイツ・リー
トをハンス・ホッター、ピーター・ペア―ズ、エリザベス・シュヴァルツコッ
プに師事。
 
第1回“Mozart Wettbewerb” コンクール(ザルツブルグ)、若きオペラ歌手
のためのヨーロッパ声楽コンクール(スポレート歌劇場) 、オペラ・室内楽国際
コンクール(バイエルン)など数多くのコンクールで優勝。
 Read More

 

カルロ・ボスキ Carlo Boschi

1981年より音楽史、音楽美学教授
1981年-1984年 ペルージャのフランチェスコ·モルラッキ音楽院
1984年-1986年 ペーザロのジョアキーノ·ロッシーニ音楽院
1986年から現在までラクイラのアルフレード·カゼッラ音楽院
2012年-2015年 Università Tor Vergata トルベルガ-タ大学(ローマ)の
文学部の客員教授

1984年にジャーナリスト名簿登録
1984年-1992年 メッサジェーロ新聞の音楽評論家
1986年-1991年 音楽雑誌SuonoSud編集長
1999年-2005年  旅行、料理、文化雑誌Viaggi e Sapori (旅と味)とコラボ
レート
2003年-2007年 オンライン音楽雑誌Biblionet-Musica編集長
2008年までオンライン音楽雑誌 Alta-Fedeltà 編集長
1986年-1989年 音楽雑誌Alfabeta に寄稿

SAT2000テレビ局のクラシック音楽番組Alta Fedeltà発案者、2008年まで
出演
イタリア国営放送協会、バチカン放送、イタリア-スイス放送局の数々の音楽番
組の制作者

1998年 モノグラフィー Angelo Mariani アンジェロ‧マリアーニ 著作
1989年 モノグラフィー Karkheinz Stockhausen カールハインツ・シュトックハウゼン 著作
2011年 Proverbi e Controverbi  諺と反諺 著作
その他 数多くの音楽論文、記事寄稿

IZMEZ – Istituto per lo Sviluppo Musicale nel Mezzogioro(イタリア南部音楽発展機関)の創立者の一人
バチカン美術館内のコンサートのコンサルタント
ラクイラ、ワルシャワ、ストラスブール、ブカレストの音楽学校
共同プロジェクトRomanticismo in Europa (ヨーロッパのロマン派音楽)の責任者
“Gruppo Musica Insieme” “Ottetto Vocale Italiano” のバリトン歌手としてCD録音
ウルビーノ市のAccademia Raffaello ラッファエッロアカデミーの一員
イタリア国内外において多くの音楽講演
日本音楽学会正会員